HOME > いろいろな治療例 > 開咬(上下の前歯が閉じない)

開咬(上下の前歯が閉じない)

良く噛める正しい咬み合せに

治療前

開口―治療前(正面)            開口―治療前(右側)

治療後

開口―治療後(正面)            開口―治療後(右側)

治療概要

【 主訴 】前歯で咬めない

【 診断 】骨格性開咬、前歯部開咬、上下前歯の唇側傾斜、舌突出癖、上顎側歯の狭窄、軽度の叢生、上下口唇の突出、アデノイドが大きい等

【 計画 】抜歯

【 装置 】スタンダードエッジワイズ(.018"×.025")、舌訓練、保定装置

【 動的治療期間 】21か月+保定約2年

【 通院回数 】月1回程度、保定期間7回通院

【 リスク・副作用 】
保定期間中も舌訓練の継続が必要。治療後に前歯部が開咬傾向を示すこともあることを伝える。 変色、歯肉退縮、歯根吸収、歯間鼓形空隙の開大(ブラックトライアングルの出現)、骨性癒着等を説明

【 年齢 】25歳

【 治療費の目安 (自費) 】
 1,010,000円(税別)
 1)検査診断 40,000円
 2)装置(保定装置を含む) 850,000円(20回の分割可)
 3)毎回の処置 5,000円

 

口元の改善

 口元の改善 治療後

無理に口を閉じたときに起きる口元の突出感や、オトガイ部(顎)の緊張がなくなり、自然で優しい顔立ちになりました。