反対咬合(受け口)

反対咬合には、矯正治療単独で治療できるケースと、顎の外科手術が必要なケースの2通りがあります。それぞれについてご紹介します。

矯正治療単独で治療したケース  顎の外科手術を併用したケース

【症例1】矯正単独による反対咬合の治療

治療前

反対咬合―治療前(正面)  反対咬合―治療前(左側)  反対咬合―治療前(右側)

治療後

反対咬合―治療後(正面)  反対咬合―治療後(左側)  反対咬合―治療後(右側)

治療概要

【 患者さん 】 成人、女性
【 治療期間 】 2年8か月

この患者さんの反対咬合は、上下の顎の大きさや位置関係にはさほど問題がなく、歯の生え方に問題がある症状でした。上下前歯の傾き、乳歯から永久歯への生え変わり時に左右非対称となる様相が見られました。矯正治療単独で治療が可能と判断し、処置を開始しました。

上下左右の第一小臼歯4本を抜歯し、ブラケットを着けて治療をおこないました。
適切な咬み合せになり、自然な口元になりました。

【症例2】顎の外科手術を併用した反対咬合の治療(顎変形症:保険適用)

治療前

外科―治療前(正面)  外科―治療前(左側)  外科―治療前(右側)

治療後

外科―治療後(正面)  外科―治療後(左側)  外科―治療後(右側)

治療概要

【 患者さん 】 成人、女性

【 治療期間 】 2年6か月

この患者さんの反対咬合は、上顎骨の成長に対し、下顎骨の過度の、また非対称性の発育が原因で、下記の症状がみられました。

  1. 上下の正中線の偏移(中央の位置がズレている)と顔の歪み
  2. 前歯から側方歯部にかけて変則的な反対咬合
  3. 変則的な八重歯など

このようなケースでは、歯のみを移動させる矯正治療単独では十分な改善が見込めないため、顎の外科手術を併用した矯正治療を行います。「顎変形症」と診断されるので、保険が適用できます。
(保険が適用できるのは「指定医療機関」に限られますので、対象の方は事前に医院に問い合わせるとよいでしょう。当院は指定医療機関ですので、保険治療が行えます)

外科手術

外科手術の前に約1年術前矯正を行い、手術は提携病院(主に大学等の公的医療施設)で約2週間入院して行いました。
その後、手術後の術後矯正を約1年半行いました。

口元の変化

外科―口元(治療前)

外科―口元

顎の歪みと反対咬合特有の顔立ちが改善されました。